読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7秒で納得!ゴールドが人気!エリヤフ・ザ・クリスタルボールを徹底比較し厳選です

メルマガで新刊の案内が出て、’ゴール’シリーズなのでおもしろいに違いない!いつも発売の度に購入しているシリーズ本。物流だけではなく、さまざまな分野に役立つ話です。今回も話の内容は単純明快。

いまオススメの商品!

2017年02月24日 ランキング上位商品↑

ザ・クリスタルボール エリヤフ・ ゴールドザ・クリスタルボール [ エリヤフ・M.ゴールドラット ]

詳しくはこちら b y 楽 天

□ 在庫は、一番予想精度の低い店舗レベルで持っていてはダメ。内容も良く、今後役に立ちそうな事柄がいくつもありましたので、何度も読み返そうと思っています。それから、時もたちビジネス書を読むことになれたので、一気に読むことが出来ました。□ 人気アイテムの品切れが少なくなればなるほど!売上が増えることはどうやら明らかなようだ。□ どうして競争相手なんかと比べるんだ。□ ベンチャーキャピタリストが!ハンナズショップに関心を持つとしたら!売上純利益で10%以上を確保しながら!同時に在庫の回転数を倍!そう!倍にできるくらいの会社でないとだめだろうな。□ 在庫を最初から店に押し付けるのではなく、倉庫にまとめて置いておけば、状況は改善する。小売業界に就職が決まっている人、新人の方にはお勧めです。精度の高いところ!つまり中央レベルで持つべきなのよ。自分自身は製造業なので!この小売りのメカニズムがぴんときていないので本当に革命的なのか(実用的なのか)は自信がありません。ザ・ゴール以降の作品を全部読んでいるので意外性はありませんでしたが。この本で気になったフレーズは以下です。あまりにもシンプルすぎたようです。□ 自分の本能をコントロールすることを学びなさい。忙しくて年末に買うことができず、本屋さんに行く暇もなかったのですが、ようやく手に入る事ができました。小売業の現場と本部の考え方の温度差は結構リアルに描かれています。当たり前のことにも見えますが、系統立てて考えるのは難しいものです。そして、補充期間が短いことを活かして、商品をいま必要とされているところに移動させればいいのよ。ただ興味深い内容で、間接的には役に立ちそうです。面白かったです。ゴールを読んでいたので、最新作も読んでみました。ゴールドラット先生の本が大好きです。。□ パートナーというのは利益を分かち合うものだ。おすすめです。主人が言うには!仕事に役に立つそうです。どうして!自分たちに何ができるかをもっと考えないんだわが社の現実とかぶっていて!学びになりました。ザ・ゴールから新刊がでる度に読んでいます。内容は業界で働いている人にとっては特に目新しさはないです。内容も読みやすいみたいです。物語形式で読みやすいです。解決策がこの本によって学ぶことができます。助かりました。いろいろな場面場面で基本となるセオリーを活用しています。以前、ザ・ゴールを読んでいたのですが、ビジネス書を読み始めて間もなかったので、良いのか悪いのかまた、分厚く長かったので大変苦労した思いがあります。多くの場合!そういうのは見せかけの罠に過ぎない。この作者の書籍は面白いそうです。目の前の好機に惑わされてはいけない。